Studio Like a 真岡そら

あなただけの輝き☆発掘フォトプロデューサー

4.起業家向けビジネス写真で真岡そらが大切している3つのポイント

約 6 分

あなたの強みを《写真》に。

4.起業家向けビジネス写真で真岡そらが大切している3つのポイント

起業家向けビジネス写真で一番大切なこと、それは
その方の個性が強みとしてきちんと表現されていることです。「メラビアンの法則」として知られるように人は視覚、聴覚、言語といった情報から第一印象を受け取ります。
そして、視覚から受け取る情報はそのうちなんと55%!

あなたのお客様が最初に見るのがあなたのホームページやチラシだった場合、こうした媒体から受ける印象、雰囲気、世界観であなたへのイメージが決まってしまいます。
こう考えると、ビジネス写真の重要性がお分かり頂けるかと思います。

おさらいになりますが、起業家向けビジネス写真で重要なのは下記3つ、そして最も大切なのが、
あなたの個性が『強み』として表現されていることです。
ポイントの3つは、

 個性、強み > 信頼感 >お人柄が伝わること ですね!

このページでは、これを実現するために私がしている3つのことをお伝えします。

1.個性を見出し、強みとして表現するための 徹底したヒヤリング

お客様の個性や強みを感じ取るためには必要なこと。それは事前の《徹底したヒヤリング》です。
基本的にはオンライン(Zoom等)を利用します。撮影の一週間前くらいまでに1時間ほどお時間を頂き、お客様の話をじっくり伺います。このヒヤリングでお客様イメージをつかみます。

ヒヤリングの際には
「なぜそのお仕事をされているのか」
「どんな思いが込められているのか」

など、お客様の人生観やお仕事観をうかがうと同時に、撮影に対して不安に思われることがないかなどの確認も行います。
この時ご要望があれば、ヘアメイクやお洋服、アクセサリーや靴などの選定についてもご相談ください。あわせて撮影場所などのすり合わせを行います。

私との会話を通じてお客様の中のモヤモヤした思いが言語化されることも多く、ご自身の人生や将来、お仕事のイメージがより明確化になることもしばしばです。

2.スタイリング、ポージング、撮影場所もご提案

ヒヤリングを通し、お客様の想いをうかがう中で、お客様の個性(強み)、イメージをふくらませていきます。

淡いグリーンを提案させていただいた
『天命ナビゲーター』『ウェルネスリビングセラピスト』の市川裕子さん

「真岡さんは話しながらその人の本質を感じとって、どんな写真を撮るかのイメージを固めていきます。
もちろん依頼する側の希望も聞いてくれますが、言わなくても同じイメージを感じてくれているのです。」と市川裕子さん

イメージカラーのご提案やスタイリング:
Zoomで市川さんの思いやどんな方がお客様なのかなどヒアリングしているうちに、淡いグリーンをまとった市川さんが浮かびました
その私の直感を信じてストール、ワンピース、靴も新調してくれました。
ファインダー中の市川さんを見ながらやっぱり間違っていなかった!と実感しました。

このように女性の場合、私が描いたお洋服のイメージやアクセントカラーのイメージをお伝えすることもあります。
ご要望があれば、オプションとしてネットでイメージに合う服を探し、ご紹介することも行っています。
その方の個性、イメージ、打ち出したい強みを考えながら、お洋服を探すのも、私にとって実は至福の時間。
ヒアリングから撮影、そして画像修正まで、私の頭の中はその方でいっぱい。それが最高に幸せです
男性の方もスーツが良いのか、それとも私服が良いのかなど、私のイメージをお伝えし、またご希望をうかがいながら詳細を相談していきます。

男性の方専用のファッションスタイリストがおります。
お買い物に同行して一緒に服をお選びするサービスもオプションとしてご提供しています。お申し込みの際に、オプションとしてお申込みください。

撮影場所のご提案:
東京国際フォーラム、東京駅、緑あふれる公園、銀座の街角、学生街の早稲田通り

私の頭の中のデータベースと照らし合わせ、お客様のイメージを引き出せる最適な撮影場所をご提案します。お客様のご希望があればもちろんそれもお伺いし、一緒に撮影場所を決めましょう。

東京駅丸の内で撮影させていただいた
グラフィックデザイナー 中村今日子さん

「写真はとっても素敵で、本当に嬉しいです❤️真岡さんに撮っていただいて、本当に良かったです!主人も撮影に参加して楽しい撮影となりました。」と中村今日子さん

中村さんの撮影前のヒアリングで浮かんだ撮影場所は、中村さんはイギリスがお好きで、ハリーポッターは愛読書とのこと。
なんとなく東京駅丸の内のレンガの前で中村さんが微笑んでいる…そんなイメージが浮かんだのです。
その後、中村さんに撮影場所のご希望をうかがってびっくり!
なんと中村さんのご希望の撮影場所は、私のイメージと同じ東京駅丸の内だったのです!

「撮影してもらいたい場所を主人と下見してたんです!」と言ってその時の写真をみせてもらったらまさしく同じ場所でした。

私のイメージと、お客様のご希望がぴったり一致していたことに鳥肌が立ちました。
ここで撮りたいと思っていた場所での写真が出来上がり、起業のスタートをきられた中村様。私も全力で応援しています!

3.お客様の「いつもの自分」を引き出すために

撮影当日は
事前のヒヤリングでふくらんだお客様のイメージをさらにふくらませて、楽しく撮影開始です。
いろんな話をしながらの撮影なので、あっという間に感じる方がほとんどです。
若かりし頃(?)モデルとして撮られる側だった私は、ポージングについても勉強していました。
当時の経験を活かしてお客様のイメージを広げるポーズを考え、実際にいろいろなポーズをして頂き、楽しく撮影します!

撮影が不安なあなたへ
(撮影風景を動画でご覧いただけます)
初めて会う人に写真を撮られるのって不安ですよね?事前にじっくりお話していたとしてもです。
どんなふうに撮影するんだろう…
そんなふうに不安に思われた方は、是非このムービーをご覧ください。
人に会うのが苦手な自称“コミュ障”の19歳の青年の「二十歳の記念撮影」をさせて頂いたときのものです。
撮影依頼者であるお母さまも撮影現場にいらっしゃいました。
プロのフォトグラファーに撮影されるのは初めての経験、そしてまだまだ人馴れしていない19歳の青年の表情が、どんどん変わっていく様子を是非ご覧ください。
        ↓

真岡そら公式 Instagram